« January 2015 | Main | May 2015 »

April 2015

東大和市音楽鑑賞教室

はじめてのこと、3つ。その1、会場へ向かう行きの高速道、先月開通した大井JCTから首都高中央環状線を新宿に向かって走ってみる。江戸川の我が家からはとんだ回り道だが、今日は渋滞なく快適。トンネルばかりはちと怖い。開演の45分前には楽屋入り。その2、我が家の目の前に、ファミリーマートが今日オープン。夜リビングの窓を開けると、でかいファミマの緑と青の看板が。ちょっとびっくり。でも何気に便利。これを契機に音楽教室の宣伝もしてみようか。その、3、大学の休講。研究活動ながら、演奏活動は今の小生にとってのベースにある。ここはこれからも守って行きたい。というわけで、東大和での都響さんとの2公演、素直な子どもたちの反応、久々にご一緒した江原陽子さんの品のある見事なナビゲートで無事終了。心に届いていますように。都響さんに感謝。バナナ2本で凌いだ昼食。身体は軽いが、音も軽い気がして困りもの。帰りに妻と落合い義姉の眠る公園墓地へ。その足で、有明の家具屋を物色。良く動いた1日。体重は4.5キロ減。記録だな。

普通の日

誕生日もケーキ屋でもらったロウソクを出し忘れ、皆でむしゃむしゃケーキを頬張ったくらいだから、次の日は全く普通の日。朝は、家の前にごみを出し、首都高を走らせお茶の水へ。母の手の治療をしてもらう。診察後の精算をしていると何処かで見た顔。医療事務のお姉さんは、かつて母校で教えていた授業の生徒。何年ぶりだろうか、優しい対応で嬉しかった。次は親父も乗せて西葛西へ。小生も診ていただく。病院というところはどこも時間が掛かる。それでも今日はスムーズな方だ。空かさずメールやら電話やら譜読み?やら色々と待ち時間にやることをやる。家に戻ってわんこと戯れ、荷物を作って東京駅へ。通勤新幹線。今日も移動の多い一日だったな。48歳と1日終了。

誕生日

予定通り目まぐるしい毎日の春。1日は24時間しかないのは解っているのだけれど、もっと上手に時間を活かす術を身に付けなければと思う今日この頃。今日は1日外回り。久々に体内に胃カメラなるものを流し込む。普段見えないものを映し出すというのは凄いことだ。その足で有明に自宅で使うものを見つけに出かける。帰りはいつものお店でケーキと、家族で夕食に頂くお寿司をゲット。ちょっぴりご馳走。本日我が生誕日なり。ここ20年で一番体重が軽く、棒振りには必ずしも良いことか分らないけれど、新しい生活も始まって、さらにこれから来たる新しい出来事に元気に過ごせる自分でありたい。沢山のお祝いメールに感謝!

新たな道程

あさイチを少し見て歯医者に出掛ける。今や寝る時に欠かせないマウスピースの仕上がりに満足し、予定通り歯のクリーニングをしてもらう。これは気持ちがいい。その足で愛車にガソリンを満腹飲ませ、西葛西のお医者へ行くも休診。とほほ。隣の薬局で昨日長岡で貰った処方箋を薬に換えて、まあそれでいいか。一旦家に戻りモコとうめにも挨拶。目一杯荷物を積み込み、予定の時間を大幅に過ぎて江戸川を出発。岩舟より北は初の道程。こんなに自然の豊かに広がる車窓から放射線なんてものは見えない。色んな想いが込み上げる。途中休憩を1回。目的地に近づく手前で予定変更、既に夜。衝動に駆られて東に進路を切る。高速を下りそこからの道は途轍もなく長く感じた。仙台市若林区荒浜へ。車を降りて暫く何も出来なかった。真っ暗に広がるその土地にはかつて平和な営みがあったのだ。慰霊碑を見つけ手を合わせる。この地域のみならず、南北長大に尊いものを壊していったかと思うと、ただただ無力感で一杯になりながら、新たな決意を持ち帰る。駅前のホテルにて明日に備える。

桜の季節

時の経つのは何と早いことか。ついこの間お正月を迎えたと思いきや、もう桜の季節。昨年の今頃はベルリンで第九の余韻に浸っていたものだ。そして今年は桜の季節を体感している。色々な意味で節目を迎えた今年は、新たな出会いが沢山待っている。日々チャレンジだ。そして身体が資本を実感。朝から飛び回って、様々な表情の桜と出合う。今年は一日でも長く愛でることが出来ますように。

« January 2015 | Main | May 2015 »