« 寒すぎ。 ドイツレクイエム | Main | 寒波とともに »

零下のベルリン

日曜の朝。快晴の青空。だが寒い。窓が凍って開かない。空気中の不純な物が皆凍てつき全てが洗われ澄んだように眩しい。突然やってきた一日中零下の寒波はもう既に5日以上だ。それも-10度前後というのは極端だ。美味しく出来た昨夜のグラタンの残りを朝食に摂りながらコーヒーは欠かさない。生ハムに卵焼きも定番だ。今日は掃除をしたり美味しいバウムクーヘンのお菓子屋Rabienに買い物に出たりする。ケーキも美味しい。ここには歯医者はなかった。一番近くのクリスマスマーケットまで歩いて5分。雰囲気を味わう。商品のTシャツが凍っている。家の前の教会へ立ち寄る。皆コートを着たまま、聖書の言葉にも白い息が混じる。この時期はいつも閉まっている商店も書き入れ時とばかりに開いていて、クリスマス用品や日用品を買い求め賑わう。小生は不足した水を買い足す。ベルリンでは何気ない日常のことがひとたび日本を離れてみると音楽と共にある生活の中で、感じるものがある。

夜は本格的に雪になった。麻婆豆腐を作って晩餐。豆板醤は大活躍。無性に食べたくなったZur Bratpfanneのカリーブルストとポテトフライという最強のカロリー集団に加えて自家製ケチャップにマヨネーズ添えの定番を雪の中歩いてゲットする。当然昨日のお題は演奏が寒かったわけではない。むしろ心は温まった。

辺りは静まり返り電気の音が微かに聞こえるほかは何もない。穏やかな夜だ。一日の終わりに感謝。皆様良いクリスマスの一週間を。(21日0:30)

« 寒すぎ。 ドイツレクイエム | Main | 寒波とともに »

音楽雑記帳 my diary」カテゴリの記事