« 蔵書整理計画 | Main | 大忘年会 »

アルカディア音楽祭の御礼 転載

第14回アルカディア音楽祭の御礼

 このたびは「第14回アルカディア音楽祭」にご協力、ご来場を賜り誠にありがとうございました。
12月16,17日の2日間に亘る第14回音楽祭も、本当にたくさんの方からのご協力と、多数のご来場をいただき終了することができました。重ねて感謝申し上げます。
第一日目の「まちの彩コンサート」では、見附中学校の生徒によるゴスペルや男声合唱の爽やかな歌声、オーケストラの演奏をバックに踊るバレエの演技、更に「オペラへの誘い」と題してオペラ曲の数々の上演など、盛りだくさんの内容に、会場から割れんばかりの拍手喝采をいただきました。
 また第二日の「第九」は、楽団員が次々と体調不良に悩まされるというアクシデントの中、楽章と曲数を削減するのやむなきに至りましたが、船橋先生の力強いタクトのもと、ソリストの方達の熱演と、オケの鬼気迫る必死の演奏に合唱も呼応し、一体となって演奏を終了する事ができました。
ご理解を頂いた聴衆の方々の暖かい拍手に出演者及び関係者は唯唯感涙に咽びました。聴衆としてご来場頂いた皆様にはアクシデントとはいえプログラム通り演奏できなかったことに深くお詫び申し上げます。
 この2日間に亘る音楽祭の貴重な経験を得て、けっして絶望に陥ることなく逆境に負けない事などを学ばせていただいた気がします。地域の音楽文化の向上と啓蒙に加えて、不屈の精神の高揚を表した演奏会であったと自負しております。今後ともより多くの市民の皆様と共に創り上げる音楽祭を目指して、精進を重ねることができればと願っております。
「夢 紡ぐ」のテーマのもと、ご協賛ご支援ご助力いただいた多くの皆様に、心より深く感謝申し上げ、厚く御礼申し上げます。
何卒、今後とも又、変わらぬご指導ご鞭撻の程、お願い申しあげます。

平成18年12月
第14回アルカディア音楽祭実行委員会
実行委員長  西川 茂
アルカデイア音楽祭合唱団
団長 佐野 守利

« 蔵書整理計画 | Main | 大忘年会 »

音楽の広場」カテゴリの記事